顔のシミにメリー・クルシミマス

アッシャー症候群との闘い! > コラム

先日、顔にシミができていると人に指摘された。

自分の顔など見たくないし、普段まじまじと見る機会もないのでまったく気付かなかったが、
確かに2つの小さなシミができていた。軽くショック。

原因は明らかに食生活の乱れだろう。
ここ3年ほど食生活ががらりと変わり、コンビニ、インスタント食品、外食がほとんどになった。

自分ひとりのために料理などしたくないし、ひとりで何を食べても楽しくもおいしくもないので、
食べること自体に興味を失くした。宇宙食のようなものがあればそれでいいとさえ思う。

しかしそのツケが確実にまわってきて、今このシミとなってあらわれたのだ。

一緒に暮らす家族でもいれば、もっとはやくに目立たないうちに気付いたかもしれない。
というより、毎日家族と楽しく食べられるなら、そもそもシミなどできやしないだろう。


・・・あぁ、温かい家庭料理が食べたい。



■あとがき

クリスマス 36.3%が興味なし Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101223-00000051-jij-soci

「クリスマスは楽しみですか」って、そんなの興味があるとかないとか年齢層とかの問題じゃないだろう。
単純に、「一緒に過ごす人がいるかどうか」だけだ。

独り暮らしで家族も友達もいない人間が「超楽しみ」「楽しみ」なわけがない。

理解に苦しみます。

孤独に苦しみます。

メリー・クルシミマス。


< 視覚障害者の海外一人旅 | コラム | 自由人の苦悩と真の自由 >

トップコラムプロフィールリンクサイトマッププライバシーポリシー