食欲のない秋

アッシャー症候群との闘い! > コラム

最近、食べることに興味がなくなった。

空腹は感じるが、感じなくなる程度におなかに詰めこめばなんでもよく、とくに美味しいものを食べたいともおもわない。

コンビニ弁当やおにぎりが常食で、スナック菓子や菓子パンもよく食べるようになった。(好んで食べているのではない)

料理ができないわけでもないが、する気にならない。

誰かのために作ろうとはおもっても、自分のためだけに作ろうとはおもわないから。


料理は愛だとおもう。

食事は雰囲気でするものだとおもう。


どんなに高価な弁当も、愛情のこもった手料理にはかなわない。

どんなに愛情のこもった手料理も、独りで食べたらさほど美味しくない。

どんなジャンクフードも、大好きな人と一緒に食べたらなぜか美味しい。

大好きな人の手料理を、大好きな人と一緒に食べられたら、それが最上。



■あとがき


毎日食べるのが億劫。


< 我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか | コラム | 普通であることのしあわせ >

トップコラムプロフィールリンクサイトマッププライバシーポリシー