我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

アッシャー症候群との闘い! > コラム

僕はなぜ生かされているのか、僕は何者なのか、いつも考えている。


僕がいても誰も幸せにならないし、誰も喜ばないが、それでも世界は成り立っている。


僕がいなくても誰も困らないし、誰も悲しまないが、それでも世界は成り立っている。


誰にも必要とされていない、いてもいなくてもどうでもいいような存在であるこの僕は一体何者なのか。


夢も希望も潰えた今、僕はどこへ向かってゆくのか。



空虚な心。


現実感のない肉体。


彷徨える魂。




■あとがき


ゴーギャンの表題の絵をみてきました。

彼もまた夢と現実の間で苦悩したひとりだったのかもしれません。

しかし彼には有り余る才能がありました。


< 失うことの恐怖 | コラム | 食欲のない秋 >

トップコラムプロフィールリンクサイトマッププライバシーポリシー