障害受容とあきらめの違い

アッシャー症候群との闘い! > コラム

多かれ少なかれ、(中途障害の人はとくに)障害を受容するまでには時間を要するものだ。

そして時間の経過とともに障害を受容・・したつもりでいても、実は単なる“あきらめ”だったりするのかもしれない。

僕は最近病気のこと・障害のことをまったく気に留めなくなっていたのだが、ある人に指摘されてそのことに気付かされた。

病気のことを気に留めなくなった=障害受容に至った、と勝手に思いこんでいたが、病気のことを気に留めなくなった=情報収集しなくなった=無関心になった=あきらめた、ともいえるわけで、どうもこちらが正解のような気がしてきた。


障害受容とあきらめの違いは実に単純明快で、

●障害受容=前向き
●あきらめ=後ろ向き

である。


・・・あなたはどちら?




■あとがき


時間の流れが非常に早く感じられます。

毎日が充実してるということか、それとも年をとったということか。


< 白杖の効果 | コラム | 失うことの恐怖 >

トップコラムプロフィールリンクサイトマッププライバシーポリシー