この国にモラルはないのか

アッシャー症候群との闘い! > コラム

つい先ほど、また自転車とぶつかって(ぶつけられて)痛い思いをさせられた。

相手は50代くらいの婆さんだ。

こちらは十分に見えてはいないが、「歩道を」「ゆっくりと」歩いているだけである。

スピードのある方が避けるのが当たり前だし、そもそも自転車は道路交通法上「車両」なので、歩道を走ってはいけないものだ。

どう考えても、こちらに非はない。

しかし一方的にぶつかってきたその婆さんは、「無言で」「振り返りもせず」「何事もなかったかのように」平然と走り去っていったのだ(これは立派な当て逃げであり犯罪)。


いい大人が、「すみません」の一言も言えないのか?

それだけ生きてきて、人の「痛み」がわからないのか?

人間として、恥ずかしくないのか?


僕のまわりはこんな人間ばかりのようだ。

散々有益な情報を無償で与え続けた挙句、「恩を仇で返す」ような人とか、「ありがとう」の一言のすら言えない人とか。そんな人ばかり。

この国には自分のこと(利益)しか考えられない人、相手のことを考えられない人が多すぎる。

「感謝」や「思いやり」といった言葉を知らないのだろうか?


このようにモラルの欠如した人間は、結果としてロクな人生を送れないだろうし、巡り巡っていつか自分のところに災難が訪れるに違いない。

だから、「かわいそうな」人たちだと思って諦めている。


■あとがき

それにしても、人を傷つけておいてあの態度はなんなんでしょう。

若者ならまだ仕方がないなという気もするけれど、いい年をした大人ですよ?

この国に失望しました。


< 白杖の持つ意味 | コラム | 今の状況を変えたいなら >

トップコラムプロフィールリンクサイトマッププライバシーポリシー