収容所の素敵なディナー

アッシャー症候群との闘い! > コラム

「檻のない収容所」では、一応食事は3食付きだった・・・とはいえ有料だし、1食350円くらいだったから、特別安くもない。

味もどうにか食べられるというレベルで、決して美味しくはなかったけど、自炊は不可だし他に選択肢もないのでどうしようもない。

毎日毎食キッチリ決められた時間に、食堂まで食べに行く(もちろん、セルフサービス)。

しかし、週に一度だけ例外があった。

調理人の勤務シフトの都合とかで、毎週日曜日の夕食だけは食堂がクローズしていたのだ。

でも、障害者だって食べないわけにはいかない。

そこで、代替として食料の配給があった。

一人分が袋詰めになっているもので、袋の中身は以下の通り。


 ・菓子パン2個
 ・ソーセージ1本
 ・カロリーメイト1袋(1箱の半分)
 ・バナナ1本


・・・こ・れ・だ・け!

あと、紙パック(200ml)の牛乳かコーヒー牛乳が1個付くけど、本当にこれだけ。

これが日曜日の「ディナー」のメニュー!!

しかも、毎週まったく同じメニューで、唯一パンの中身(具)だけは変わるけど、このパンがまたおそろしくまずくて、とても食べられたものじゃない。

どれもこれも徹底的にまずくて、全部がハズレなので救いようがない。 (もちろんマトモな食品会社のものではなく、名もない製パン所のもの)

かつてそれほどまずいパンは食べたことがなかったし、夕食にジャムパンというチョイスもカンベンして欲しい。

ソーセージってのは、子どものころに給食なんかに付いてきた、あの細長いヤツ。(わかるよね?)

カロリーメイトは知ってると思うけど、これって食事?しかも半分!!

バナナって・・・サルじゃあるまいし。。。


毎週日曜の夕方になると、このわびしい食事が待っている。

内容的にも量的にも、これがマトモな人間の食事(それも夕食)と言えるだろうか。

本当に、心の底から惨めな気分になってくる。

もちろん、これだってタダで配給されているわけではなくて、キッチリ1食分の料金を取られているのだからやりきれない。

確かに僕たちはマトモじゃないかもしれないけど、だからってこんな扱いをする方も絶対マトモじゃないよね。



■あとがき

授産施設での平均収入(月収)は身体障害者で2.2万円、知的障害者で1.2万円、精神障害者で1.3万円・・・だそうです。

これで自立しろってのは無茶な話ですね。

最低賃金法って障害者には適用されないってことなんですかね。


< 檻のない収容所 | コラム | 障害者職業訓練校の実態 >

トップコラムプロフィールリンクサイトマッププライバシーポリシー