日本って、障害者天国!?

アッシャー症候群との闘い! > コラム

「日本の障害者福祉は遅れている」


という意見を聞くことがある。

確かに、バリアフリーがすすんでいないとか、偏見があるとか、手当てや支援が不十分だとか、いろいろと不満はあるけれど、諸外国に比べて「遅れている」のか?

実際に外国に住んでみないことにはわからないことだけれど、海外経験豊富な方によると・・・


>某後進国では、大道芸人や見世物になることでしか日々の糧を得られない彼らの実情を目の当たりにして、心が傷みました。。。

>また別の国では、あからさまに障害部位を見せつけ、堂々と物乞いをして歩く彼らの姿に、したたかさを感じました。。。


>バリアフリー?

>ノーマライゼーション?


>そんなタワゴトほざいてる場合じゃないんですね。

>ドロドロした彼らの現実は。


とのこと。

なんだか、日本で文句たれてるのが申し訳なくなってこない?

そんな国に比べたら、日本なんて天国だよね。

与えられてるものに、感謝しなければ。


まあでも、北欧なんかに比べたらこれでも遅れてる方なんだと思うし、声をあげていかなければ改善されることもないだろうから、現状に甘んじることなく、より良い社会を目指すべきだとは思う。

って、このメルマガはそんな高尚な目的をもってるわけじゃないけど。

実際の経験をもとに、感じたこと・気付いたこと・疑問・不満・苦悩・葛藤を、勝手気ままに、サラッと・・・いや、ドロドロっと綴っていくつもり。


次回、創刊号。


コラム | 見た目じゃわからない障害 >

トップコラムプロフィールリンクサイトマッププライバシーポリシー